Dr. Nano for Dental開発の背景

近年、歯科医療の現場では、歯科ユニットのユニットチューブ(給水管)内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。

2015年8月には新聞報道での指摘にもあるとおり、歯科ユニットのユニットチューブが細く、小流量である構造的な問題に加え、夜間や休診時などにチューブ内の水道水が本来有している遊離塩素が減少してしまうため、細菌が急激に増殖してバイオフィルムを形成することが分かってきました。

バイオフィルムは細菌類が排出するスライム(粘着性ポリマー)でできた微生物の集合体で、細菌を殺菌剤(主として水道水中の遊離塩素)から保護する役割を持ちます。

殺菌剤は、浮遊細菌は殺菌できますが、粘着性のバイオフィルムに隠れた細菌には触れることができません。

一部のバイオフィルムはフラッシングなどにより除去されると考えられますが、診療時間中、チューブ内は人の体温程度に温められていることから、再び細菌は増殖しバイオフィルムを再生してしまいます。

このように、いったんバイオフィルムが形成されてしまうと、普通の水道水では除去することができません。

従来用いられてきた化学薬品でバイオフィルムの殺菌を行う場合、下表のとおり薬品濃度を高濃度にする必要がありますが、患者さんの人体に影響を及ぼす恐れや、金属部の腐食が懸念されます。一方、安全性を優先して低濃度とすると、バイオフィルムの殺菌はできないという二律背反(トレードオフ)の関係にあります。

01-1

*出所:エデストロムジャパン株式会社Webサイトより一部抜粋

また高圧洗浄により、物理的にバイオフィルムを除去する方法もありますが、ユニットチューブ内部から圧力をかけるため、圧力に弱い継ぎ目部分等からの水漏れリスクや、作業に時間がかかるため、頻繁には処置できずコストもかかります。

そこで、化学薬品や高圧で押し流すのではなく、

  • ナノバブルによりバイオフィルムを浮かせて、剥離させ
  • 少ない流水量でもバイオフィルムを押し流すことで除菌する
  • 常時、ウォーターラインにナノバブル水を充填させ、バイオフィルムが形成しづらい環境を維持する

という第三の方法を追求していった結果、開発に成功したのが、Dr. Nano for Dentalです。


 

Dr. Nano for Dentalの仕組み

水道圧だけで、水道水中に含まれる空気から、ナノサイズの空気気泡のナノバブルを発生させる装置です。すなわち、原料は水道水と空気のみになります。

この空気気泡のナノバブルにより、バイオフィルムを浮かせて、剥離させ、少ない流水量でもバイオフィルムを押し流すことでユニットチューブの除菌をします。

また、ナノバブルは浮力が極めて小さく、寿命が長いという特徴があります。したがって、設置後は、ユニットチューブにナノバブル水が常時充填され、バイオフィルムが付きづらく、衛生的な環境が維持されます。

 

実際にDr. Nanoをジャンクションボックス内に取り付けた状態

 

03-3


 

Dr. Nano for Dentalのメリット

  • 化学薬品は一切不使用: 患者さんの人体に影響を及ぼす恐れや、金属部の腐食等、ユニットへの負担はありません。
  • 超小型で簡単設置: ジャンクションボックス内に取り付け可能。取付工事は簡単な水道工事のみで、電気工事など他の工事は必要ありません。
  • メンテナンス不要で低コスト:  Dr.Nanoにはフィルターなどの交換は必要ありません。機械部品や電気部品は使っていませんので、耐久性が高くメンテナンスフリーでお使いいただけます。もちろん電気代等のランニングコストもかかりません。
  • 下水管の洗浄効果も: ナノバブル排水による下水管の洗浄効果も期待できます。化学薬品と比べて、環境への影響もありません。
  • 口腔洗浄効果も: 口腔内のバイオフィルムの洗浄除去効果も期待できます(薬事法の観点から、ドクターとご相談ください)

 


 

安心の5年長期保証

Dr. Nanoの取付後、製品に添付された用紙でユーザー登録を頂きますと、メーカーによる5年間の製品保証が有効となります。
通常の方法で使用した製品が、万一、故障した場合、故障品をお送り頂ければ、代替品(同等品)に交換いたします。
但し、故障によって生じた経済的損害や二次災害、交換工事代などは保証には含まれない点、ご了承ください。

 


 

 

お問合わせはこちらよりフォームからお願い致します。

Copyright © New Environmental Technology Council(NETC) All Rights Reserved.