使い方とご注意

1. Dr. Nano を取り付け後、上水を開栓し、3wayシリンジ等から水が出ることを確認して下さい。
2. ナノバブル水をユニットチューブの中に充填するために、全ての3wayシリンジやタービン等から1分以上、水を排出して下さい。→ナノバブルにより、ユニットチューブの中のバイオフィルムを剥離させます。
3. 半日程度(例えば翌朝) 時間を空けてから、再度全ての3wayシリンジやタービン等から3分以上、水を排出して下さい。→剥離したバイオフィルムが排出されます。
付着していたバイオフィルムが多い場合には、黄色の水となって出ることがあります。
4. その後は通常通りお使いください。常にナノバブル水がユニットチューブ内に充填され、バイオフィルムが付着しづらくなります。
但し、休診明けには、3wayシリンジやタービン等から3分以上、水を排出して下さい。


安心の5年長期保証

Dr. Nanoの取付後、製品に添付された用紙でユーザー登録を頂きますと、メーカーによる5年間の製品保証が有効となります。
通常の方法で使用した製品が、万一、故障した場合、故障品をお送り頂ければ、代替品(同等品)に交換いたします。
但し、故障によって生じた経済的損害や二次災害、交換工事代などは保証には含まれない点、ご了承ください。


ご注意

• Dr. Nanoはユニットチューブ内に付着したバイオフィルムをナノバブルにより浮き上がらせて 剥離し、小流量の水でも排出することを目的とした装置です。
バイオフィルムを取り除いた後、 下に隠れていた菌類は、水道水中の塩素により殺菌され、また排出されることにより除菌されていると考えられますが、ナノバブル自体の殺菌効果は確認しておりません。
• したがって、ユニットに給水される水道水が汚染されている場合や、水道水中の塩素濃度が不十分な場合などには、除菌が難しくなる可能性がありますのでご注意ください。